ヒロさん日記

アウトドアとそれに関する道具のブログ

プラごみ問題

最近の関心ごとは、世界のプラスティック事情とゴミのこと。

世の中では、

そして、最近始めたことは、

①Refuse :ビニール袋など不要なものはもらわない。

②Reduce :長く使用できる商品を購入する。

③Repair:修理して長く使える商品を購入する。

④Reuse :使わないものは、別の用途を考え使用する。

世の中でブームのRecycleに関しては、否定的な部分があって、プラスチックゴミの発生を抑制することに繋がらない。これからは、発生するプラスチックの生産量を最低限にし、今存在するものは燃料などにReconvert(再変換)する事が良いいと思うし、その結果プラスチック自体の削減につながると思っている。

プラスチックは、リサイクルして使用するものではない!という事を一人一人が認識する必要があると思います。

日本という国は、応用技術がある反面、国が企業の利益を守ろうとする。

だけど、発想の転換や、方針の転換をしてアクションを起こさない。結果手遅れになることが多い。

このプラスチックゴミに限らず、家電ゴミにおいても、生産した商品の回収処分について企業がその責任を負っていない。いわゆる、リサイクル費用を後払いで消費者が負担するというシステムに問題がある。本来、この費用は、販売時に商品価格に上乗せして販売し、適正にリサイクルシステムに乗せる消費者には、販売時に上乗せされている費用の一部を変換すれば回収率は上昇する。

だから、ペットボトルも同様にデポジットを上乗せして回収できた場合は、企業がその費用を消費者に返還すれば良いのです。欧米各国ではどちらも導入されており、国、企業ともに取り組んでいる。日本は、自然保護の面、環境保護の面どちらも、出遅れている。もう少し、声を上げて対応しないと近い未来には、地球上に生物が住めなくなる。そんな時がやってきます。

この、プラ問題は、それぐらい危険な話なのです。買い物用のビニール袋どころの話ではないのです。きちんとした、法規制が必要と罰則が必要です。

そして、各個人でできることを実行する。

私は、

①マイボトル Reduce Refuse

②マイ箸 Reduce Refuse

マイバッグ Reduce Refuse

④レジ袋をもらわない Refuse

⑤古着を利用してボトルケースを作る Reuse

⑥構造が簡単でいい商品を選ぶ Repair Reduce

 


壊れた環境は、復元しない。

だけど、多くの人がやる事で被害の拡大を少なくすることはできるのです。

日本人は、年間で200本程度のペットボトルを排出すると言われています。それを、100本/年とするよう一人一人が環境を思い対応しなければなりません。

Optimus 8R と ソ連製 PT-1(R-1)

 先日、オークションで落札した商品がやって来た。

さすが、ソビエト製って感じ

1980年代の工業製品ってこんなレベルだったんだ?と認識させられた。

f:id:jacksimao:20180111075435j:image

примсу шмеру

赤色かと思ったら、オレンジのような赤のようなカラーリングでした。

 

f:id:jacksimao:20180111075437j:image

примсу ПТ-1

ロシア製のオプティマス  8R部品の工作精度が低くてローコスト生産なのか部品の肉厚が薄い。

 

特に変わった性能がある訳ではないが、面白そうなので2つとも買ってみました。

 

ただ、ただ、どでかいソ連製品のシャメルって使っているうちに爆発するんじゃないかと思ってる。

 

家に帰って、OPTIMUS 8Rと比較してみると。

サイズは、PT-1の方が微妙に大きい箱体でブリキの箱感がすごく強い。

f:id:jacksimao:20180111225224j:image

本体の開閉音は、PT-1は、オモチャチックで軽いのでいつ壊れるのか少し心配になってくる。

f:id:jacksimao:20180111225347j:image

各部品の製作精度は、OPTIMUS 8Rの重厚さに比較して薄っぺラナ作り。

f:id:jacksimao:20180111225519j:image

 f:id:jacksimao:20180111225541j:image

タンクは、8R真鍮、PT-1はステン?

f:id:jacksimao:20180111225635j:image

 f:id:jacksimao:20180111225643j:image

 と、いった感じ。

 

ヤフオクでの取引価格は、製造された年代が、異なりますがどちらも状態がいいのであまり変わらずといったところか・・。

 

では、また!

 

 

 

 

 

ロシア製ストーブ

前々から狙ってたシングルストーブが二種類オークションに出ていた。

МОТОР СЫЧ. римсу Шмель 1(Primus shamel 1)

モトール・シーチ プリムス シャメル1

ロシア製ホエーブス625クローン

f:id:jacksimao:20180107223716j:image

МОТОР СЫЧ  Приису ПТ-1(Primus PT-1)

モトール・シーチ プリムス・PT-1

オプティマス 8Rのクローン

f:id:jacksimao:20180108154506j:image

 

どちらも、時々ヤフオクで出展されているけど、出展者は、プリムス製品と勘違いしていることが多い。実際は、ウクライナのモトール・シーチ社が製造していたものらしくプリムス製品ではない。(部品の規格が異なり、補修部品は販売されていません。)また、海外サイトでも、プリムスとは言っているものの、製品名が、примус шинок,примус ПТ-1となっている。型番の頭文字のPTは、Primus Touristy の頭文字をとったもので、オリジナルのOPTIMUS 8R.123RのRは、Radius社のクリーニングニードルが内蔵されている製品は、機種番号の後にこのRが追加されている。

今回は、両方とも未使用の製品だったこともあり購入を決めました。Shamelについては、1980年のモスクワオリンピック限定バージョン(赤)ということもあって、販売台数も少ないと思われます。(五輪記念ということもあって、5色展開のようですが、コレクターの数は、国内では少ないので転売しても高値はつきません)PT-1は、生産数も8Rよりも少ないと言われており、こちらは、optimus 8Rのコレクターの中でクローン版として有名な商品のようです。(別名R-1)

どちらも、コレクションとして保管予定のものなので使用はしませんが、PT-1は、YouTubeの動画を見る限り8Rよりも火炎も高く火力も少し強いようです。また、各部品の肉厚も本家に比較し薄く、燃焼状態もオリジナルに比較して良くないようです。

 

8Rの呪い

先日修理した8R

ベランダででご飯を作ろうと思い点火したら

小さな炎が煤を出しながら燃えている。

「ありゃ?」

私に何か恨みでもあるのか?というぐらい点火しない。

仕方ないのでまた分解・・。

バーナーチップは問題ないのでとりあえず、ヴェポライザーを分解してみると燃料ラインが詰まっていました。

f:id:jacksimao:20180106083452j:image

分解したらグラファイト製のパッキンが破損してしまいこのパッキンも交換しちゃいました。(劣化していて使えなかったし・・)

f:id:jacksimao:20180106083637j:image

あと、ウィックも保管用の8Rのものを移植しました。ウィックも消耗するんですね。

その後、加圧ポンプをつけて加圧しましたが加圧されず。燃料キャップの締め付けが足りなかったことも判明しこのパッキンもそのうち交換します。

f:id:jacksimao:20180106083945j:image

そして、点火試験を何度か行いましたが問題なく動いています。

オークションでバーナー類を入手した際の注意点

1.燃料タンクを確認すべし(気密状態が、よければ残燃料がある。無ければ機密漏らしている可能性あり)

2.メンテナンスができる自信があること

3.メーカーの保証対象外なので部品取り用にもう一台購入する必要があること

4.修理ができないと判断したら、それなりの費用をかけて修理してしまうか、諦める心を持っている事。

以上の三点ができれば問題ないと思います。

出来ないなら、ガスのストーブ買いましょう!

と言ったところで本日も無事に点火いたしました。

 

8R燃焼テスト!

先に購入した方のオプティマス8R

手元に届いた時点で不信感満載だった。

とりあえず点火式してみたら・・。

「えっ?火がつかん・・。」

色々、試してみるけど症状変わらず・・。

バーナーに燃料を送るパイプを加熱すると少し火力が上がる。加熱する場所により火力も変わる。

f:id:jacksimao:20171230142941j:image

簡単に言えば、燃料ラインに問題がある。一旦消火してから冷めるのを待ち調整つまみを開いても燃料が出ない・・。(通常は、気化したガスが吹き出すか燃料が吹き出します。) 123R.8Rは、タンク内にあるウイックという部品が毛細管現象で燃料を導く仕掛けになっている。なので、このウイックに問題があると燃料は送られないということになります。一旦、分解して確認すると・・。ウイックが奥まで入ってなかった。なので、この部品を奥に押し込み再テストしたら無事点火!

f:id:jacksimao:20171230143024j:image

最安定した青火になりました!

オークションで落札した商品は、状態が不安定なので自分でメンテナンスができると楽ちんだと思ってます。(笑)

 

2台目のOPTIMUS 8R

年末の忙しい時に届いたOPTIMUS 8R

先日オークションで手に入れたものとは別にもう一台手に入れました。

↓↓オークション入札時の写真

f:id:jacksimao:20171229073334j:image

理由は、オークションでの落札価格が、1万円近くする加圧ポンプが欲しかったから・・。

 で、今回購入したものは見た感じ外箱が古くて中身は綺麗。前回購入したものの点火確認が出来ていないこともあり外箱を交換してしまいました。

 

↓↓手前が先日購入分、奥が今回手に入れたもの!

f:id:jacksimao:20171229201559j:image

↓↓中身を入れ替え!

f:id:jacksimao:20171229232701j:image

↓↓保管用セット

f:id:jacksimao:20171229232730j:image

↓↓使用するバージョン

f:id:jacksimao:20171229232952j:image

なんでそんなことをするかと言うと、綺麗な外箱をそのまま保存したいから・・。なんですね。

なにせ、今は製造中止品なので大切に使いたい!

 

 

 

ニベア缶・・。

OPTIMUS  123Rで飯炊きしたい。

どうも、付属のミルクカップで0.5合の米が炊けるらしい。

ただ、蓋がない。

 ↓↓蓋がない!

f:id:jacksimao:20171226214012j:image 

 

で、ネットを調べてみるとこのミルクカップにニベア缶がピッタリとマッチするらしい。

 

なので、ニベアクリーム大缶買いました。(中身は、別容器で保管)

そして、洗ってから塗装を剥がします。

そしてはめてみたら、ピッタリ〜

 ↓↓塗装を剥がしたニベア

 f:id:jacksimao:20171226214030j:image

 

↓↓正しくは、こう使う。

f:id:jacksimao:20171226214117j:image

 ↓↓こうなる

f:id:jacksimao:20171226214126j:image

 

 これでご飯を炊いたり親も早く湧きそう!今度やってみよう!